ページ内移動リンク


UNIFY NXJ Webアプリケーション速攻開発!驚速プロトタイピングで越えられない壁を越える。

HOME > CIO/情報システム部門のお客様



お電話でのお問い合わせ先 03-6680-1185

CIO/情報システム部門のお客様

CIO/情報システム部門の皆様へ
「なぜ今、システム内製化なのか?」

内製化が必要な5つの理由

昨今、企業がシステムを内製化する動きに注目が集まっています。アウトソーシングでコスト削減を図る企業もある中、内製化に回帰する企業が増えているのはなぜなのでしょうか?

理由1:丸投げ体質で自社に最適なシステムを企画・判断する力が無くなる

IT部門の縮小により外部への丸投げがすすむと、必要なシステムを企画し、要件をまとめられる人材が育ちません。いまや経営にITは不可欠であり、企画・要件定義スキルと判断力の低下は企業存続に関わる一大事です。それを避けるためには、内製化が可能な体制を維持し、人材育成とスキル継承を続けていく必要があります。

理由2:外部にシステム構築を頼むとビジネスのスピードに間に合わない

現代のスピード経営では通常のプロセスでは間に合わない短期プロジェクトが増えています。また、内部統制やリスク管理、SIにおける工事会計基準適用などによる手続き複雑化も早期導入の妨げとなっており、コミュニケーションの取りやすい内製化に活路を見出す企業が増えています。

理由3:パッケージ導入が向いている領域と向かない領域がある

スピーディなシステム稼動を求めてパッケージやASPの導入を検討する企業もありますが、自社のビジネスモデルの根幹を支える業務までパッケージに頼ってしまって大丈夫ですか?競合他社との差別化や、ニッチな市場への対応のためには、どうしても自社独自のシステムを短期間で構築する必要があるのではないでしょうか。

理由4:業務部門とIT部門の交流を深めることでシナジーを追求する

内製化を行う企業の中には、システム構築の過程での業務部門とIT部門の人材交流によるシナジーを追及している会社もあります。システム構築を通して全社業務の見える化やプロセス改善による業務効率化をすすめるとともに、社員の情報リテラシーを高めて業務スキルの向上やセキュリティ強化につなげるといったシナジー効果が生まれます。

理由5:システム寿命のコントロールには内製化が有利

ベンダへの依存度が高いほど、システムの寿命のコントロールは難しくなります。仮想化技術の進化によってハードウェア移行が容易になったため、システムの中身を知り、保守運用ができる人材が社内にいれば、IT投資の予算縮小時に既存システム延命によるコスト抑制という手段を取りやすくなっています。

<ユニファイジャパンの提案>

業種業態を問わず必要な領域のシステムについては、コモディティ化されたパッケージやSaaS、クラウドなどを活用することが得策ですが、新規のビジネスモデルへの対応など、自社の独自性必要なシステムについては内製化が有効です。
Unify NXJでは極めて簡単にプロトタイプのアプリケーションを作成できるため、「要求分析」「設計」「実装」「テスト」というサイクルを繰り返して現場のニーズに合ったシステムを短期間で構築することが可能です。また、SOAをはじめとする標準技術を初心者でも簡単に使いこなせるため、パッケージやサービスとの連携によりシステム構築を効率化し、スピードアップとコストダウンを両立することができます。

ページの上へ